Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

「ポッキー」の世界に“潜入” グリコピア神戸が新装

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年09月30日

  • ポッキーの形をしたトンネル=神戸市西区高塚台7、グリコピア神戸

  • デジタル上で、オリジナルの菓子を作ることができる施設「デジタルクッキング」=神戸市西区高塚台7、グリコピア神戸

  • グリコの商品や付属のおもちゃ、広告の変遷が分かる展示=神戸市西区高塚台7、グリコピア神戸

  • エクアドルやガーナ産のカカオ豆の香りを体験できるコーナー=神戸市西区高塚台7、グリコピア神戸

 江崎グリコ(大阪市)の工場見学施設「グリコピア神戸」(神戸市西区高塚台7)が10月1日、新装オープンする。より楽しく菓子製造を学べるよう展示物など一部をリニューアル。代表的な菓子「ポッキー」が作られる様子を見られるほか、「インスタ映え」するポッキー形トンネルや、最新技術を使って料理体験ができる設備を整えた。
 同施設は1988年に開設。ポッキーやプリッツの製造工程を見学でき、同社やチョコレートの歴史を学べる人気施設だ。
 見学は、高さ3メートルのポッキー形トンネルからスタート。「お菓子の世界」に入っていく感覚だ。トンネルの先ではポッキーやプリッツが大型機械で次々と作られ、箱詰めされる工程を見ることができる。11月に発売するポッキーの新商品も作られているという。
 原料となるエクアドルとガーナ産のカカオ豆の香りを楽しめるコーナーも。加工前の豆ではほぼ匂わないが、皮を取って焼き、実をすりつぶすとチョコレートの甘い香りがほのかに漂う。カカオの木の模型もあり、幹から実がなる様子が観察できる。
 好みのビスコやポッキーをデジタル上で作る「デジタルクッキング」の施設や、商品と広告、おもちゃの変遷を学べる展示も。独自のビスコを調理できる有料クッキング体験もある。
 見学は午前10、11時からと午後1、2、3時からの計5回。予約制で無料。毎週金曜と年末年始、工場メンテナンス日は休館。グリコお客さまセンターTEL0120・917・111
(村上晃宏)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ