Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

六甲山上でスリル満点大冒険 フォレストアドベンチャー、県内4カ所目

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年05月14日

  • 森の木々を見下ろしながら滑空する「ジップスライド」は“怖・気持ちいい”不思議体験(六甲山観光提供)

  • 木の上に張り巡らされた課題はいろいろ変化に富んでいて飽きない

  • 命を守る「ハーネス」はインストラクターの手で確実に装着してもらう

  • 斜めの細いハシゴや揺れる丸太など、微妙なバランスが要求される

  • 命綱のワイヤケーブルとハーネスをつなぐ「プーリー(左)」と「カラビナ(右)」

 六甲山にまつわる自然、環境、文学、食などの多彩な催しを大学のカリキュラムに見立てて情報発信する「六甲山大学」。そのプログラムの紹介や、山の旬の情報を通して、六甲山の魅力に迫ります。(フリーライター・根岸真理)
 フランス発祥の「フォレストアドベンチャー」。森林をそのまま活用し、樹木から樹木へ、綱渡りや、ゆらゆら動く足場をつたって移動して行くフィールドアスレチックスで、国内では約30カ所作られている。アウトドア派に人気の施設がついに、六甲山上にも登場。その名は「フォレストアドベンチャー・神戸六甲山」だ。
 フォレストアベンチャーは1997年、フランス・アヌシー郊外で誕生したアウトドアパークが始まり。その後、フランス国内で広がり、現在は世界中に広がっている。日本では2006年に富士山麓の標高1100メートルの森に第1号がオープンした。兵庫県内には豊岡、朝来、丹波篠山に開設されており、4カ所目となる。
 筆者は4月下旬の内覧会に参加。高所恐怖症気味ではあるが、登山を趣味としているので「たいしたことはないだろう」と高をくくっていたが…。
 最初に、インストラクターが「ハーネス」と呼ばれる安全ベルトを装着してくれる。木の上から墜落しないようにコース上に張られているワイヤケーブルと自分の身体をつなぐ専用装備だ。そのほか「プーリー(滑車)」、ロック機能のついた「カラビナ(環状の金具)」の二つの器具も使う。
 コースに入る前、器具の使い方、安全確保のための注意事項を教わる。最もスリルのあるケーブルにぶら下がって滑空を楽しむための練習もする。
 いよいよコースへ。ケーブルに器具をセットし、木の上に作られた「プラットホーム」と呼ばれる足場へ登る。丸太や綱渡りなど計37種もの課題の中にはなかなか難しいのもある。
 圧巻は最大30メートルもの高さで、220メートルにわたって空中を滑る「ジップスライド」だ。両手を広げて気持ちよさそうに滑空する姿を見ていたのだが、なぜか自分は途中でくるくると回転。しかも失速してスタッフに救助してもらう珍場面の“主役”になってしまった。
 日頃登山で身体をよく動かしている方だと思うのだが、全身の筋肉をかなり使った。スリル満点だが、安全対策は万全なので、少々怖がりの人でも楽しめるのでは。山上の心地よい森の中で身体を動かすのはとても爽快。大人も子どもも、たっぷりと冒険気分が満喫できる。
■見頃を迎える初夏の花
 クリンソウ、ヒマラヤの青いケシ、コマクサやエーデルワイスなど、初夏から夏にかけて六甲山上では美しい花々が次々と見頃を迎える。
 この時期に合わせ、自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアムの4施設に入場できるお得な「六甲山 花めぐりチケット」が発売されている。一日で回りきらなくても、日を変えての利用も可(再入場は当日限り)。
 7月31日まで販売。中学生以上1500円、4歳~小学生750円。販売は各施設窓口、六甲ケーブル六甲山上駅「ショップ737」など。六甲山観光株式会社TEL078・894・2071
     ◇     ◇
 期間 11月17日までの予定
 料金 3700円(六甲山カンツリーハウス入園料含む)。事前予約制。身長110センチ以上で、小学1年生以上、体重130キロ以下が条件
 時間 午前10時半~午後5時(スタートは午後3時まで)所要時間は約2時間
 問い合わせ フォレストアドベンチャー・神戸六甲山TEL078・891・0366

【ねぎし・まり】アウトドア系のフリーライター。1961年、神戸市須磨区生まれ。六甲山を活動拠点とし、六甲山大学広報専門委員。著書に「六甲山シーズンガイド~春・夏」など。

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ