Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

ブルーベリー園が開園 来場者ジャム作りを体験 市川

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年07月05日

  • ブルーベリージャム作りを体験する子ども=市川町上牛尾

  • ブルーベリー園開園のお祝いに駆けつけたヴィクトリーナ姫路の真鍋政義オーナー(舞台右端)ら=市川町上牛尾

 兵庫県市川町上牛尾の温泉施設「天然かさがた温泉せせらぎの湯」で4日、敷地内の観光ブルーベリー園「アンドセンスファーム」の開園式があった。約30種320本を栽培し、スムージーやチーズケーキなどの加工品も販売する。来場者は果実を煮詰めるジャム作りを体験して楽しんだ。
 せせらぎの湯は同町の自動車部品メーカー「エーモン産業」が、笠形山のふもとで運営。豊かな自然に触れてもらおうと、2年前からベリー園約1200平方メートルの整備を進めた。かんきつ類に似た酸味が爽やかな「ピンクレモネード」、甘みが強く大粒の「チャンドラー」など、多品種がそろう。
 開園式には温泉施設の常連という真鍋政義・ヴィクトリーナ姫路オーナーや竹下佳江前監督がお祝いに駆けつけ、約300人が訪れた。ジャム作りに参加した瀬加小学校6年の女児は「ブルーベリーはすっきりした味で好き。今度は摘みに来たい」と笑顔で話した。
 収穫体験も同日開始予定だったが、わせ品種が順調に育たず今月下旬ごろに延期する。時間無制限食べ放題で1500円(13歳未満は800円、4歳以下無料)の予定。せせらぎの湯TEL0790・27・1515
(井上太郎)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ