Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

イチゴ狩り、自然と笑顔に 三木の農園にぎわう

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2021年02月16日

  • 保護者に手伝ってもらいながらイチゴを収穫する子ども=三木市吉川町東田

 兵庫県三木市吉川町東田の「たにい農園」で、イチゴ狩りシーズンが最盛期を迎え始めた。室温28度に管理されたハウスには、甘みを十分に蓄えたイチゴが並び、旬の味に子どもたちは顔をほころばせる。
 同園では、8棟のビニールハウスに約2万5千株を栽培。定番の「章姫(あきひめ)」や、香りの強い「かおり野」、糖度が高い「あまクイーン」、大粒でさわやかな甘さがある「かなみひめ」、本来の甘酸っぱさを堪能できる「よつぼし」や「紅ほっぺ」を育てている。イチゴ狩りでは、このうち2種類を味わうことができる。
 この日も数組の家族連れが訪れた。新型コロナウイルス感染症対策で手指消毒を実施し、ビニール製手袋を装着。担当者から助言を受けながら、つやのある実を選んで次々と頬張った。
 毎年家族で訪れるという女児(9)=神戸市中央区=は「毎年ここで食べるのを楽しみにしている。どれも甘くておいしい」と満面の笑みを見せた。
 5月下旬まで。午前10時~午後3時。30分制で小学生以上2200円▽3歳~小学生未満1600円▽1、2歳500円。ホームページや電話などで予約が必要。たにい農園TEL0794・72・0261
 このほか、同市口吉川町里脇の「神戸うららか・のうえん実里」や、同県三田市沢谷の「ながしお農場」でもイチゴ狩りを楽しむことができる。(篠原拓真)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ