Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

炎を観賞、薪割り、じか火料理… 英国製薪ストーブの野外体験会 キャンプ泊も

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2021年04月21日

  • 英国製薪ストーブの体験イベントを開くESSE JAPAN代表の北村和康さん=加古川市神野町福留

  • 薪ストーブの体験イベントを開く「ESSE JAPAN」代表の北村和康さん=加古川市神野町福留

 英国製薪(まき)ストーブの魅力を体験できるアウトドアイベントが4月30日、5月1日、兵庫県加古川市神野町福留の空き地で開かれる。柔らかな炎の観賞に加え、おのを使った薪割り、ピザやダッチオーブンによるメニューなどストーブを使ったじか火料理が楽しめる。初日は限定10組程度のキャンプ泊を受け入れる。(若林幹夫)

 ストーブは英国の老舗メーカー「ESSE(エッセ)」社製。英国の南極探検隊に愛用されたのをはじめ、ナイチンゲールが沸かした湯で医療具を消毒したり、料理の煮炊きに使ったりしたという。今回のイベントは国内の販売代理店「ESSE JAPAN」(神戸市中央区)が企画する。
 会場は約8600平方メートルの空き地。天板に網が取り付けられ、直接バーベキューなどができる新商品を含む薪ストーブ2種類が用意され、両日とも自由に見学できる。薪割り、料理などの体験は時間を区切って人数制限を設けて実施。コッペパンサンド専門で加古川市を拠点とするキッチンカー「母とむすめ」も登場し、ストーブで焼いた具材を挟む限定商品を販売する。
 同代理店代表の北村和康さん(47)は「薪ストーブの炎は最高。コロナ禍の精神的な疲れを癒やしてほしい」と話している。
 30日午前11時に始まり、ピザ作り以外の体験はいずれも無料。キャンプはテントなどの道具を持参し、同代理店にメール(info@esse‐japan.jp)か電話で申し込む。TEL078・367・7687

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ