Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

1日1組限定の山中キャンプ場、草刈りや掃除で無料企画も 豊岡

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2021年08月27日

  • キャンプ場を整備した川見健治さん=豊岡市出石町奥山

  • 整備したキャンプ場全景=豊岡市出石町奥山

 兵庫県豊岡市出石町の奥山地域で手打ちそば店「剣」を営む川見健治さん(70)が、店の近くの山中にキャンプ場を整備した。かつてテニスコートだった空き地を3カ月かけて、木や草を伐採してきた。貸し出すのは1日1組に限定。草刈りや掃除など維持管理に協力すれば利用料を無料にするなどユニークな企画も。6世帯しかない集落で新たな活性化拠点を目指す。(石川 翠)
 奥山地域は「忍者の墓」といわれる石が残り、忍者の隠れ里ともされる。川見さんは、言い伝えられていた「まぼろしの滝」を探し当てたり、かつて鉱山として栄えていたまちの山中に残る坑道跡も整備したりしてきた。
 今回は川見さんの父親が以前、テニスコートとして整備していた山中の場所を活用しようと計画。約35年前から放置され荒れ地になっていたが、木や草を伐採するなどして、テントを設置できる平地を確保。トイレも設けて、「隠れ里奥山キャンプ場」と名付けた。手裏剣遊びなどもできる。
 キャンプ場維持のために、雑草引きや草木の運搬、側溝の掃除など簡単な作業を1~2時間程度すると無料にする。作業ができない場合は1泊5千円支払う。入山は午後1時~翌日午前11時。そば店で受け付け手続きをする。水道が通っていないため、店で水をくんで使う。希望者には風呂も貸し出す(有料)。
 川見さんは「近くにある一枚岩の川底や金山なども散策し、知られていない地元の良さを知ってもらうきっかけに」と話している。
 剣TEL0796・52・3567
忍者伝説の秘境に「日本一穴場のそば屋」

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ