Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

兵庫産食材で特産品 フェリシモなど新ブランド

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年03月17日

  • 県産食材を使った新ブランド商品が並ぶ発表会=神戸市中央区小野浜町1

 商品企画のエムズブランディング(神戸市中央区)と通販大手のフェリシモ(同)は、兵庫県産の食材を使った特産品の新ブランドを創設する。両社が県内の食品メーカーと農産物などの生産者を引き合わせて新商品の開発を後押しする。(井上太郎)

 ブランド名は「HYOGO KOBE BRAND NEW 100」。新商品を通じて生鮮素材の需要を掘り起こし、県内の第1次産業の活性化を図る。農林水産省によると、兵庫県の2015年の農業産出額は1608億円。担い手の高齢化や後継者難などを背景に、ピークの1984年の約6割にとどまる。
 ただ、エムズブランディングによると、農産物を作っても売れないとの不安も要因という。鵜殿麻里絵社長は「実際、需要の2割しか供給されていないのが現状」と指摘。「(1次産業と2次、3次産業の)ネットワークを築いて(農産物の)売り先を確保する」として、昨秋からフェリシモと共同で市場調査やメーカー、農業者らとの橋渡しを続けてきた。
 第1弾として、洋菓子やカレー、ギョーザなど6品目を4月から順次販売する。このほど神戸市内で新商品の発表会があり、来場者約150人が試食した。
 今後、参加メーカーと生産者を増やし、2021年度に100商品で計50億円の売り上げ規模にする計画だ。
 第1弾の新商品名と素材は次の通り(カッコ内は事業者)。
 福寿バタークリームサンド=県産酒米(神戸酒心館)▽ケイク・オ・ゆず酒=同(パティシエ エス コヤマ)▽神戸ビーフカレー(エム・シーシー食品)=淡路島タマネギ▽神戸ビーフと三田ポークの煮込みハンバーグ(大井肉店)=フレッシュチーズ▽野菜餃子(ぎょうざ)=神戸産キャベツ、朝倉山椒(さんしょう)(元祖ぎょうざ苑)▽ひょうごの出汁(だし)茶漬け=ベニズワイガニなど(誠味屋本店)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ