Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

ギャル曽根さんも登場 加古川グルメ大集合、28日

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年05月10日

  • ステーキ重(加古川市提供)

  • 恵幸川鍋(加古川市提供)

  • かつめし(加古川市提供)

  • ギャル曽根さん

  • 神戸新聞NEXT

 加古川名物は「かつめし」だけじゃない-。「加古川ご当地グルメフェスティバル」が28日午前10時から午後3時ごろまで、加古川市役所前広場(同市加古川町北在家)で初めて開催される。かつめしや、新開発された「加古川ギュッとメシ」のほか、地産地消にこだわる「恵幸川(えこがわ)鍋」などのブースも並ぶ予定で、加古川の食の魅力をアピールする。(切貫滋巨)

 「食の観光化」を進める同市と加古川観光協会の主催。飲食ブースは計19店・団体が出店し、価格は1食500円程度になる予定。
 目玉となるギュッとメシは9店。みそベースのたれに漬け込んだ牛肉を使うことが条件の料理。かつめしに続くご当地グルメとして同市が開発した。今年2月に初披露され、市内の店舗で食べることができる。ステーキや焼き肉以外にも、ローストビーフや釜飯、巻きずしなど多彩な食べ方を楽しめる。
 恵幸川鍋は2店。同市職員有志でつくるグループが考案し、数年前から同市や神戸市の飲食店で提供されている。ともに加古川市内の造り酒屋「岡田本家」の酒かすと、こうじ屋「高松清太夫老舗」のみそを使うのが決まり。各店舗がメニューに個性を光らせる。
 “元祖”のかつめしは5店。岡田本家の日本酒や地元のソムリエが選んだワインを味わえるブースもある。
 会場では、大食いタレントとして知られるギャル曽根さんのグルメトーク(午後0時半から)▽子どもたちのダンス披露▽地元ゆかりのアーティストのステージ-などの催しがある。
 同市の担当者は「1食分の量は少なめなのでぜひ、いろんなブースを食べ比べて」と呼び掛けている。
 荒天中止。1ブース300食程度を用意するが、売り切れる場合も。加古川観光協会TEL079・424・2170

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ