Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

隠し味に「カニ魚醤」 但馬漁協がジェラート発売

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年05月18日

  • カニ魚醤を混ぜ込んだ斬新なジェラート=香美町香住区若松、遊魚館

 ミルクのジェラートに香住ガニ(ベニズワイガニ)の魚醤を混ぜ込んだ「カニカニジェラート」を但馬漁協(兵庫県香美町香住区若松)が売り出している。「食べれば横歩きしそうなジェラートです」と担当者。まるでカニのように両手をVサインにしてPRするが、果たしてその味は-。(黒川裕生)
 同漁協は昨年、香住ガニやハタハタ、ノドグロなどを原料にした魚醤5種類を開発し、発売した。ソフトクリームにカニ魚醤をミックスした「しょゆとクリーム」も売り出し、話題を呼んでいた。
 ジェラートは、魚醤の用途をさらに広げようと考案。「しょゆと-」は同漁協の直売店「遊魚館」(同区若松)でしか食べられないため、より流通させやすい商品を検討する中でたどり着いた形という。
 製造は朝来市和田山町の「あいす工房らいらっく」が担当。同漁協と試行錯誤の末、カニ魚醤の量は原料1リットル当たり10ミリリットルとした。それ以上増えると「塩分がきつくなる」という。
 気になる味は、コクのある甘いミルクの中に、主張しすぎないカニの風味がほのかに漂うという上品なもの。逆にあまりにも主張しすぎないため、言われなければ魚醤の存在に気づくのは難しいほどだ。
 「ジェラートにカニの隠し味は必要なのか。そんな迷いは今もこの胸にある」と思いを吐露する担当者。現在は遊魚館でしか販売していないが、将来は近隣の民宿などにも卸したいという。1個(100ミリリットル)税込み400円。遊魚館TEL0796・36・4545

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ