Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

【PR】おいしいたまねぎ探しに出かけよう

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年08月31日

  • 丸ごとオニオンスープ

  • オニオン生地のピザ

  • ズッキーニボート

  • たまねぎ

  • 甘くて柔らかい「淡路島たまねぎ」。農家や技術者の長年の努力・創意工夫のたまものだ

 温暖な瀬戸内気候と水はけのよい肥沃(ひよく)な土壌で育ち、甘くて柔らかいと定評のある「淡路島たまねぎ」。8月からは茶色い皮付きたまねぎの収穫も本格化し、夏バテ解消にも効果的だそう。まだまだ残暑が厳しいこの時期、おいしいたまねぎを探しに出かけてみませんか?

 一般的には初夏に葉が倒れると収穫のサインだが、そこから1週間経過させてしっかり完熟させるのが「淡路島たまねぎ」の特長。その後、早生(わせ)品種以外は主にタマネギ小屋につるして自然乾燥させる。この間にショ糖(砂糖の主成分)の含量が増え、甘くて柔らかい独特の味が生まれる。機械任せにせず、手作業で丁寧に扱う点もおいしさの秘けつだ。

 厚生労働省によると、たまねぎは日本人が最もたくさん食べている野菜。1年中流通しているためさまざまな料理に使ったり、すりおろしてソースに用いたりもできる万能食材だ。抗酸化力が強く、血液をサラサラにするなど健康効果が高いことでも知られる。

 この「淡路島たまねぎ」をおいしく食べられる店がある。
・洋食酒場MARUWA(神戸市中央区栄町通5-1-9 栄町ダイヤハイツ1F)
炭焼き屋まるわ(神戸市中央区元町通2-6-10)
神戸プレジール(神戸市中央区下山手通2-11-5 ホテル ザ・ビー神戸1F)
農家うたげ。(神戸市中央区三宮町1-10-1神戸交通センタービル9F)
美菜恋来屋(南あわじ市八木養宜上1408)

 いずれもJA(農業協同組合)おすすめの店だ。また「家庭でもおいしく調理してほしい」と、JAあわじ島、JA淡路日の出の担当者が「淡路島たまねぎ」の味わいを堪能できるレシピを紹介してくれた。

「丸ごとオニオンスープ」
(材料2人分)タマネギ2個、パセリ少々、A(だし汁カップ2、コンソメ顆粒(かりゅう)小さじ2、塩こしょう少々)
 ①タマネギの外皮を2枚はがし、2個のうち1個は薄切りにする
 ②一方のタマネギの根元に十字の切り込みを入れて丸ごとラップに包み、電子レンジ(500ワット)で透き通るまで5~6分加熱
 ③鍋にだし汁を熱して①を入れる。Aを入れて煮立て、②を加えて少し煮る
 ④タマネギの形を崩さないように器に盛ってスープをそそぎ、パセリのみじん切りをふる

「オニオン生地のピザ」
(材料4人分)タマネギ1個、ピーマン2個、プチトマト6個、とろけるチーズ4枚、小麦粉大さじ2杯、水少々、ケチャップ適量
 ①タマネギは約2ミリの薄切りにし、小麦粉をまぶして水を混ぜ4等分にする
 ②①をフライパンに薄く延ばして両面を焼く
 ③②にケチャップを塗ってとろけるチーズをのせ、ピーマンとプチトマトを飾りオーブントースターで焼く

「ズッキーニボート」
(材料4人分)タマネギ1個、ズッキーニ2本、ピーマン2個、合いびき肉150グラム、ミニトマト4個、スライスチーズ2枚、小麦粉適量、A(ケチャップ、ソース、しょうゆ各大さじ1、塩こしょう少々)
 ①ズッキーニは縦半分に切り、くりぬいた中身を荒みじん切りにする。オーブンを200度に予熱しておく
 ②タマネギ、ピーマンも荒みじん切りにしてズッキーニ、合いびき肉と一緒に炒め、Aで調味する
 ③内側に小麦粉をまぶしたズッキーニに②を詰める。4等分に切ったミニトマト、短冊状に切ったチーズをのせて、オーブンで15分焼く
         ◇◆◇
 いまや生産量が全国3位の特産品に成長した「淡路島たまねぎ」。淡路島で栽培が始まってから、来年で130年を数える。1888(明治21)年に島内で初めて試験栽培され、第2次大戦後、食の洋風化に伴って、南淡路地域を中心に栽培面積が急増。1964年に全国1位の約3000ヘクタールとなり、66年に国の「野菜指定産地」に指定された。2015年産の作付面積は1551ヘクタール。盛んな品種改良のほか、コメ、レタスなどと年間3種を栽培する「水田三毛作」、荷車に農業用発動機を取り付けた搬出用の「農民車」の普及など、農家や技術者らの努力や創意工夫や努力も発展を後押しした。

 JAは手作業で重労働だった作業を軽減するため、1995年ごろからの機械化導入に合わせて収穫機やピッカーなど大型機械の貸し付けや融資を実施。2010年にJA全農兵庫、JA淡路日の出、JAあわじ島が淡路玉葱商業協同組合と共同で「淡路島たまねぎ」の地域団体商標を取得してブランド化し、安全・安心な生産を進めている。生育不良を引き起こす「べと病」などの病害対策として、県と連携しながら圃場(ほじょう)の巡回を徹底。土壌消毒だけでなく感染株の早期発見、抜き取りにより、西日本で流行した16年産の被害も最小限に食い止めたという。

「淡路島たまねぎ」の詳細は下記サイトへ。
JA淡路日の出 http://www.ja-awajihinode.com/
JAあわじ島http://www.ja-awajishima.or.jp/
JA全農兵庫http://www.hg.zennoh.or.jp/

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ