Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

北の浜に“秋” ベニズワイガニ初競り 香住漁港

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年09月05日

  • 今季初の競りにかけられるベニズワイガニ=5日午前、香住漁港西港

 1日に漁が解禁されたベニズワイガニの初競りが5日朝、兵庫県香美町香住区の香住漁港であった。競り場には鮮やかな紅色の甲羅がずらりと並び、港に秋の訪れを告げた。
 ベニズワイガニは関西では唯一、同漁港で水揚げされ、地元では「香住ガニ」のブランド名でPR。昨季から各漁船に冷水装置を設置し、新鮮なカニの提供にも力を入れている。
 初競りはしけの影響などで1日遅れ、この日は8476キロが水揚げされた。総売上は580万円、1匹の最高額は6万円だった。
 島根県沖で操業した八幡丸(88トン)の男性船長(74)は「初日としてはまずまず。水温が下がる11月ごろからが本番」と話していた。
 漁期は来年5月末まで。同漁港では9月16日に「香住ガニまつり」が開かれる。香住観光協会TEL0796・36・1234
(黒川裕生)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ