Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

「須磨海苔」の初物味わって 神戸の飲食店でフェア 24日まで

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年02月10日

  • 須磨海苔オムレツ@東灘区・神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ(神戸市提供)

  • (左)須磨新海苔と神戸野菜のサンド@中央区・萩原珈琲店127番地(右)須磨海苔のセーグル@兵庫区・メゾンムラタ(いずれも神戸市提供)

  • (左)酒蔵の粕汁 須磨海苔仕立て@東灘区・さかばやし 神戸酒心館(右)須磨海苔のかき揚げうどん@灘区・小麦の実り灘本店(いずれも神戸市提供)

  • (左)生須磨海苔と長芋のかき揚げ@須磨区・和食彩り南天(右)生のり天津飯@中央区・広東料理La.Ra.La(いずれも神戸市提供)

 神戸市の特産品「須磨海苔」の初物を味わう「新海苔フェア」が24日まで、市内の飲食店21店舗を舞台に初めて開かれている。乾物の板ノリに加え、産地の近さを生かして貴重な生ノリも提供。レストランやパン店、中華料理店などさまざまな業態の店がオリジナルメニュー30種以上を用意し、磯の香りで店内を満たす。(上杉順子)
 同市農水産課によると、須磨海苔は市内で生産されたノリを指す登録商標。主に須磨沖で養殖されている。大阪湾の豊富な養分を吸収し、明石海峡の速い潮流にもまれた結果、アミノ酸やミネラル分が豊富で、漆黒かつ肉厚な高品質を誇るという。
 しかし、多くは兵庫県内産の「兵庫のり」として出荷されるため、品質に比して地元での認知は進んでこなかった。ここ数年、生産者団体などがPRを強化しており、その一環でフェアを開くことにした。
 参加店は同市中央区に多いが、北区を除く8区にまたがる。料亭の椀物やうどんの具など想像しやすいメニューのほか、中華料理店の天津飯、ホテルレストランの朝食オムレツなど、一風変わった使い方も。ノリを練り込んだパンは、複数のベーカリーが提供する。
 須磨海苔メニューの提供日時は店舗により異なる。参加店名とともに市ホームページから確認できる。「『須磨海苔』新海苔フェア」でサイト内検索。

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ