Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

飲むだけじゃない日本酒楽しんで「酒蔵スイーツ総選挙」

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年08月21日

  • 大吟醸酒粕に漬け込んだクリームチーズに季節の生●純米酒を合わせた「酒粕チーズセット」(白鷹禄水苑提供)※●は「酉」の右に「元」

  • 大吟醸古酒との組み合わせは酒蔵ならでは。「酒粕レーズンケーキセット」=西宮市鞍掛町、白鷹禄水苑

  • 白鹿が洋菓子店「ハイジ」と話し合いを重ね作り上げたという「甘酒バスクチーズケーキ」(西宮日本酒振興連絡会提供)

  • 総選挙中は特別に1個から購入できる日本盛の「吟醸酒まんじゅう」(西宮日本酒振興連絡会提供)

  • 酒饅頭が丸ごと練り込んである「酒饅頭ソフトクリーム」=西宮市今津出在家町、大関甘辛の関寿庵

 安定の酒まんじゅうか、広く支持を集めるソフトクリームか、新顔のチーズケーキか-。酒蔵の隠れた名物ともいえる、日本酒を使ったスイーツ。その1番人気を決める「酒蔵スイーツ総選挙」が兵庫県西宮市内で開かれている。候補は、各酒造会社のアンテナショップ4店から計5品。ぜひ「有権者」として各候補を吟味し、清き一票を投じてほしい。締め切りは9月29日だ。(萩原 真)
 同市内の酒造会社や市などでつくる「西宮日本酒振興連絡会」の主催。普段は酒蔵ミニツアーを行っているが、試飲しながらまちを歩くのが危険なほどの酷暑が続く。「飲むだけでないお酒の楽しみ方を」と今回初めて、スイーツを主役にした「総選挙」開催に至った。
 では、お待ちかね。立候補している5品を紹介しよう。
     ◇
 「白鷹禄水苑」(鞍掛町)からエントリーしたのは「酒粕(さけかす)レーズンケーキセット」と「酒粕チーズセット」(いずれも700円)。土日祝日限定営業の「蔵BAR」で提供する品で、精米歩合35%の“超”大吟醸を袋で絞ったぜいたくな酒粕を使用。レーズンケーキはコーヒーとのセットだけだったが、今回の企画を機に、10年以上貯蔵した大吟醸古酒も選べるようにした。
 「大関甘辛の関寿庵」(今津出在家町)から名乗りを上げたのは、酒饅頭(まんじゅう)を丸ごとミキサーにかけ練り込んだ「酒饅頭ソフトクリーム」(300円)。大吟醸の原酒を入れて炊き上げたあんこがほどよく主張し、毎日買い求めるファンもいるという。ただ、毎週月曜(月曜が祝日の場合は火曜)は機械洗浄のため午後1時ごろまで販売していない。
 「白鹿クラシックス」(鞍掛町)を代表し、1番人気の座を狙うのは「甘酒バスクチーズケーキ」(324円)。洋菓子の名店「ハイジ」とのコラボ商品で、「甘酒の風味と表面の焦がしたチーズのバランスが絶妙」という。子どもやお酒の苦手な人にもおすすめだ。
 「日本盛 酒蔵通り煉瓦館」(用海町)が推すのは「吟醸酒まんじゅう」。普段は箱詰(9個、15個)での販売だが、総選挙中は1個100円で“試食”できる。良質な吟醸酒粕を使い、華やかな香りとしっとりした食感が特徴。この時季は冷蔵庫で冷やして楽しむのもいいという。
     ◇
 上記4店で対象商品を購入するか、市内2カ所の酒蔵で試飲(有料)すると、スタンプを一つ押してもらえる。四つ集めると投票用紙がもらえ、お気に入りのスイーツに印を付け投票箱へ。投票者の中から抽選で30人に市内6蔵の日本酒が、100人に阪神電鉄などとの共同プロジェクトで作製したおちょこがそれぞれ当たる。投票の結果は10月初旬、西宮観光協会のサイトで発表予定。
 詳しくは、阪神西宮おでかけ案内所など市内約10カ所に設置されているフリーペーパー「ミヤコプレス」か、同連絡会事務局TEL0798・35・3321

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ