Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

水を使わない特製ドライカレー 念仏寺で限定販売

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年10月10日

  • あまりのおいしさに檀家たちの間で話題となった特製ドライカレー=神戸市北区、茶坊citta(チッタ)

  • 念仏寺=神戸市北区

 有馬温泉(神戸市北区)にある浄土宗「念仏寺」。豊臣秀吉の正室ねね(北の政所)の別荘があった場所で、沙羅双樹の寺としても知られる。沙羅の花が咲く時期、庭が見える部屋を開放してきた。
 今年6月、本殿内にカフェ「茶坊citta(チッタ)」がオープンした。名物は前住職の妻永岡順子さん(64)が作る特製のドライカレー。永岡家の家庭料理で、施餓鬼に訪れる檀家の人々に出したところ、あまりのおいしさに檀家たちの間で話題だったという。
 チッタは、順子さんの夫で前住職の眼心さん=享年(64)=の意志を受け継ぎ開設した。「夫はよく『これまで通り、寺の業務だけしていればいい時代はもう終わる』と口にし、カフェ開設に意欲的でした」と振り返る。
 水を全く使わず、水分は野菜とリンゴから。ワインを加え約6時間煮込んで作る逸品だ。唐辛子も入っているためスパイシーな味わいが食欲をそそる。順子さんは「庭を眺めながらカレーを食べてもらい、お寺への親近感を持ってほしい」と話す。
 1日10食限定。予約可。千円(税別)。飲み物とデザートが付いたセットもある(1500円)。同寺TEL078・904・0414
(西竹唯太朗)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ