Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

淡路島の味と文化凝縮 劇場&和と洋のレストラン「青海波」オープン

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年08月01日

  • レストラン「青の舎」で提供される料理=淡路市野島大川

  • 和食レストラン「青の舎」=淡路市野島大川

  • 洋食レストラン「海の舎」=淡路市野島大川

  • オリジナル演目などが楽しめる劇場「波乗亭」=淡路市野島大川

 日本の歴史や芸能などの文化を発信しつつ、兵庫県の淡路島の豊かな食も堪能できる劇場&レストラン「青海波(せいかいは)」が8月1日、同県淡路市野島大川にオープンする。31日に内覧会や式典が開かれ、演劇のお披露目や落語家の桂文枝さんによる口演があった。(赤松沙和)
 人材派遣大手のパソナグループ(東京)が企画し、和楽や演劇などを上演する劇場と、和食と洋食レストランの3施設で構成する。
 二つのレストランでは、島産の海鮮や肉、野菜などをふんだんに使ったメニューが楽しめる。「青の舎(や)」は海を望む約80席で、すしや天ぷらなどの和食を提供。夜には海がテーマのプロジェクションマッピングを上映する。「海の舎」はクラシカルな内装で、ハンバーグやオムライスなどの和製洋食を、ピアノなどの生演奏とともに味わえる。旬の果物を使ったケーキもある。
 劇場「波乗亭(なみのりてい)」は190席で、有名劇団出身者などをゲストに招いた舞台や、淡路島をテーマにしたオリジナルの演劇などを月替わりで上演する。8月は島に伝わる松王丸伝説が題材の「淡路の月に誓う」。1日1公演で、チケットは税別4千円。新型コロナウイルス感染防止のため、座席を半分程度にして運営する。同施設は「舞台を楽しみつつ島のグルメを堪能して」と呼び掛ける。
 午前11時~午後9時。公演は午後2時開演。レストラン、劇場ともに入場は中学生以上。青海波TEL0799・70・9020

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ