Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

就労支援の高級チョコ店 神戸・長田に人気ブランド初出店

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年10月10日

  • おしゃれな店内の「クオンチョコレート神戸店」=神戸市長田区腕塚町5

  • 外から作業の様子が見える

 デイサービスや訪問看護など福祉事業を展開する会社「プラスト」(神戸市長田区腕塚町4)が、障害者が働く高級チョコレートブランド「QUON(クオン)チョコレート神戸店」をJR新長田駅南の商業施設「アスタくにづか1番館」にオープンさせた。今後、障害者20人を募集する。(小谷千穂)
 プラストは、クオンチョコを手掛ける一般社団法人ラ・バルカグループ(愛知県豊橋市)とフランチャイズ契約。リハビリに特化した事業所も運営しており、同社代表取締役の廣田恭佑さん(33)が「リハビリに関わった人が、社会に出て輝ける場所をつくりたい」と同法人に持ちかけた。
 クオンチョコは、福祉団体が店舗運営を担い、障害者や子育て中の女性、不登校や引きこもりの若者の就労支援につなげている。全国47店舗を展開する人気ブランドといい、県内初出店。商品は、ショコラティエの野口和男さんが監修する。味は一流でも「溶かす」「固める」だけの簡単な作業で済むように開発した。
 神戸店は3日に開店した。キッチンをガラス張りにして作業中のショコラティエの顔が見える設計に。スタッフが着用するデニム生地のエプロンはプラストが運営する工房で地域の高齢者らが製作した。
 抹茶やベリーなどの食材が入った主力商品のテリーヌや、チョコをコーティングしたドライフルーツ、アイスクリームなど50種類以上が並ぶ。連日、幅広い年齢層の客が入店している。プラスト社員として同店で働く半身まひの男性(21)は「『障害のある人がみんなを笑顔にできるんだ』と、世の中に思ってもらえるよう頑張りたい」と意気込んでいる。
 11月から、障害者手帳と障害福祉サービス受給者証の両方を持つ18歳以上を対象に20人のスタッフを募集する。
 午前10時~午後6時半。水曜休み。採用は電話で受け付ける。クオンチョコレート神戸店TEL078・646・3661

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ