Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

映えスイーツ「トゥンカロン」専門店オープン イチゴ、抹茶…色とりどり12種類

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2022年05月08日

  • 色とりどりの「トゥンカロン」

  • ハングル文字ののぼりが目印=三田市相生町

  • ユニコーンミルクティー

  • イチゴミルク

  • オレオ

 韓国発祥でデコレーションを施したマカロン「トゥンカロン」の専門店が、兵庫県三田市相生町にオープンした。イチゴや抹茶、チーズ味など色とりどりの12種類はどれも写真映えすること間違いなし。店主の増田翔吾さん(33)は「幅広い世代に楽しんでほしい」と話す。(小森有喜)

 トゥンカロンはぽっちゃりなどを意味する韓国語「トゥントゥンハダ」とマカロンを合わせた造語だ。若者の流行を分析するシンクタンク「Z総研」(東京都)が発表している流行グルメでは、2年ほど前から上位にランクイン。昨年下半期も4位につけ、長くブームを維持している。
 今回、クレープ店を営む増田さんが店舗の隣で「韓国マカロン トゥントゥン」をオープンさせた。以前から大阪や神戸でトゥンカロンを買っていたといい、クレープと合わせてより幅広くスイーツを楽しんでもらおうと思ったという。
 「口当たりが重くない、さっぱりした味を目指した。スイーツが苦手な人にも試してほしい」と増田さん。クッキーを挟んだ「オレオ」、優しい風味の「クマほうじ茶」、中のクラッカーとクリームで2種類のチーズを味わえる「チーズチーズ」などがある。価格は一つ350~450円。増田さんらスタッフが一つずつ手作りしている。オープン以降、若者だけでなく幅広い世代が訪れているといい「仕事帰りなどにちょっとしたお土産にして、家族で楽しんでもらえるとうれしい」。
 妻と訪ねた会社員の男性(34)=神戸市北区=はショーケースを見て「食べるのがもったいないぐらい。写真を撮ってからいただきます」と話していた。
 持ち帰りのみ。午前11時~午後5時(土日祝日は午後6時まで)。金曜定休。トゥントゥンTEL079・509・0300

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ