Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

明石で“オーロラ”見える 天文科学館で投影

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年02月11日

  • プラネタリウムドームに映し出されたオーロラ=明石市立天文科学館

  • オーロラの写真が並ぶ展示=明石市立天文科学館

 明石市立天文科学館(兵庫県明石市人丸町)で、オーロラの投影が行われている。プラネタリウムドームにオーロラが映し出され、神秘的な天体現象に包まれているような気分に浸ることができる。
 オーロラは、太陽からやってきたプラズマ粒子が地球の大気とぶつかることで美しい光を放つ現象。
 投影では、オーロラ撮影家の中垣哲也さん=札幌市在住=がアラスカやニュージーランドで撮影した連続写真を、同館に今回特別に設置した全天周映像装置を使って映し、美しい世界を再現。オーロラが揺らめく様子を眺めることができる。3月31日まで。
 2月11、12日午後0時半~2時には、中垣さんが撮影秘話などを語る講演会「オーロラからのメッセージ~スペシャルトーク&特別上映~」を実施する。定員300人(当日整理券制)。
 また、写真家の横山二郎さんがフィンランド北部で撮影したオーロラの写真24点が並ぶ特別展「オーロラ 宇宙からの手紙」も開催している。4月2日まで。
 いずれも要入館料(高校生以下無料)。2月13~28日と3月6、13、14、21、27日は休館。同館TEL078・919・5000
(金山成美)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ