Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

欧州鉄道の大型ジオラマ登場 淡路ワールドパーク

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年05月02日

  • ヨーロッパの風景を再現した大型鉄道ジオラマと、操作を楽しむ子どもたち=淡路ワールドパークONOKORO

 ドイツ製の重厚感あふれる鉄道模型とヨーロッパの風景をイメージした大型ジオラマが、兵庫県淡路市塩田新島の観光施設「淡路ワールドパークONOKORO」に登場した。世界中にファンを持つ「レーマン社」のモデルを常設展示。「ミニチュア」や「世界の旅」をテーマとする同パークの新たな呼び物になりそうだ。(内田世紀)
 世界18カ所の有名建築を25分の1サイズで再現した「ミニチュアワールド」など、さまざまな模型が園内を飾る同パークの新アトラクション。2016年秋から計画し、17年のゴールデンウイーク(GW)に合わせて園内の展示施設「おのころ館」内に完成させた。
 ジオラマは幅約14メートル、奥行き約4・5メートル。レールは幅4・5センチの「Gゲージ」で総延長は約100メートルに及ぶ。客車を引く「99型Cタンク蒸気機関車」(ドイツ)や「RHB電気機関車」(スイス)など、4編成が迫力ある走行音を響かせながら疾走。細部までこだわった駅舎や民家、古城などが並び、人や動物も生き生きとした表情を見せる。本物の電車から転用した操縦機器「マスコントローラー」を使い、運転操作も体験できる。
 同パークではGW期間中、人気キャラクターショー(3~6日)やタヒチ&ハワイアンダンスショー(7日)など、多彩なイベントを繰り広げる。午前9時半~午後5時半(3~7日は午前9時~午後6時)。入園料中学生以上千円、4歳~小学生500円。同パークTEL0799・62・1192

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ