Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

マナー守って楽しんで 神戸の新設モニュメント人気

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年06月10日

  • 4月に設置された「BE KOBE」のモニュメント前で記念撮影をする人たち=神戸市中央区波止場町

 神戸に新名所誕生-。
 4月にリニューアルオープンした神戸・メリケンパークのモニュメント「BE KOBE」が、「写真映えする」と若者を中心に人気を集めている。どこまでも広がる港の風景をバックに神戸らしさを表現できるのが好評だが、中にはモニュメントによじのぼる人も。本格的な観光シーズンを迎える夏を前に、神戸市は「マナーを守って楽しんで」と呼び掛けている。
 梅雨の晴れ間の6月、メリケンパーク南端にあるモニュメントの周辺では、多くのカップルや修学旅行生が写真撮影を楽しんでいた。真っ白な「BE-」にもたれかかったり、「O」の輪っかに座ったり。広島市から訪れた女子大学生(22)は「シンプルだけど海との組み合わせもよく、神戸を象徴するスポット。(写真交流サイトの)インスタグラムにアップします」と笑顔を見せる。夜はライトアップで幻想的な雰囲気に包まれる。
 フォトスポットは神戸港開港150年目を記念して、神戸市が設置した。「BE-」のロゴは阪神・淡路大震災から20年目の2015年に誕生したもので、「神戸の魅力は人」といった理念を込める。
 モニュメント設置後は、若い世代が“神戸に来た!”というニュアンスでネットに発信する機会が増えたといい、同市創造都市推進部は「予想以上の反響に驚いている。神戸らしさを発信するツールとして浸透してほしい」と期待する。
 ただ、モニュメントの上部に上ってポーズを取ったり、立ち上がったりして写真を撮るグループも見掛ける。台座を含めて2・4メートルあり、雨上がりなどは特に危険だ。同市みなと総局は注意事項を記したプレートを台座の左上に設置しているが、あまり目立たないのが現状。毎日パトロールを行い、よじのぼる人を見掛けた際には、注意しているという。
 「BE KOBE」はミナト神戸の新スポットとして“出航”したばかり。スマートなマナーも持ち合わせたいところだ。(久保田麻依子)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ