Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

「京」など研究施設公開 14日、ポーアイでイベント

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年10月12日

  • スーパーコンピューター「京」=神戸市中央区港島南町

 神戸市などは14日、同市中央区のポートアイランドで展開する「神戸医療産業都市」にある理化学研究所(理研)や、スーパーコンピューター「京(けい)」など普段入れない施設を一般公開する。第一線の科学者と科学と社会について話し合う「サイエンスアゴラ」や研究者らによる講演もある。
 同都市内の研究機関では、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などを使った最先端の研究が進められている。
 一般公開は午前10時~午後4時半。理研の多細胞システム形成研究センター、計算科学研究機構、神戸大など12の研究機関で内覧や実験講座などがある。会場別に定員があり当日朝から受け付ける。
 サイエンスアゴラは午前10時~正午、神戸大統合研究拠点で開催。新元素ニホニウムを発見した理研の研究チームメンバー森本幸司さんらの講演後、「科学って本当に大事?」をテーマに会場の参加者らで話し合う。要予約。定員300人。
 講演会は午後1~4時、神戸臨床研究情報センターで、理研の研究者ら6人が、iPS細胞やアルツハイマー病など最新の研究について話す。いずれも無料。神戸市医療産業都市部TEL078・322・6349
(山路 進)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ