Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

B-1グランプリ西日本、明石で開幕 26日まで

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年11月25日

  • 多くのブースが並び混雑する会場。さっそく舌鼓を打つ男女の姿も=25日午前、明石市、明石公園(撮影・中西大二)

 全国のご当地グルメの食べ比べができる町おこしイベント「B-1グランプリ」西日本大会が25日、兵庫県明石市の明石公園で開幕した。東北から九州までの24団体が提供する多彩な料理を食べようと、多くの来場者が列を作った。
 各地の名物料理の普及に努める団体と明石市などでつくる実行委員会が主催。26日までの2日間で延べ15万人の来場者を見込む。県内からは、「あかし玉子焼ひろめ隊」(明石市)と「うまいでぇ!加古川かつめしの会」(加古川市)の2団体が出展する。
 来場者が投票した割り箸の重量で上位1~5位を決める投票も行われ、26日にグランプリが決まる。投票は、「うまいでぇ-」を含む16団体が対象。ホスト団体の「あかし-」など8団体は対象外で、全国大会入賞の定番メニューを提供する。
 会場では、お目当ての料理を求め、各出展ブースに長い列ができた。神戸市西区の自営業女性(45)は「朝8時から並んだ。遠くの地域の料理をいくつか食べたい」と話した。
 料理提供は午前9時半~午後3時半。期間中は会場で販売する専用チケットが必要。同実行委TEL078・918・3871
(吉本晃司)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード |
ページトップへ