Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

明石各地、夜もキラキラ クリスマスへ電飾輝く

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2017年12月17日

  • 色とりどりにライトアップされた大蔵海岸公園=明石市大蔵海岸通1

  • 大久保駅前に登場した大きなツリー=明石市大久保町駅前1

  • 壁面に飾られた10メートル四方のイルミネーション=明石市大久保町大窪

 年末年始やクリスマスシーズンに合わせ、兵庫県明石市内各地がイルミネーションで彩られている。青や赤、白など色とりどりの電飾が、暗やみを優しく照らす。
 大蔵海岸公園(大蔵海岸通1)では16日、「光と海」を今回のテーマに、恒例のイベントが開幕。過去最多となる約5万2千個の発光ダイオード(LED)電球が使われ、ハート形に配されたり、芝生に敷き詰められたりした電飾が輝き、幻想的な光のトンネルもある。ライトアップされた明石海峡大橋との“共演”も果たしており、親子連れらがカメラやスマートフォンで撮影していた。来年1月8日まで。日没から翌日午前0時(12月24、31日は同6時)。入場無料。
 JR大久保駅北側(大久保町駅前1)には、高さ約7・5メートルのクリスマスツリーやトナカイの電飾が登場し、帰宅途中の学生や会社員らを楽しませている。地元商店などでつくる「大久保商盛会」と「大久保小学校区連合自治協議会」で組織する実行委員会が2年ぶりに開催。商店主や自治会役員らが飾り付け、11月18日から点灯している。来年1月16日まで、午後6時ごろから翌日午前1時ごろ。
 また、社会福祉法人「明石恵泉福祉会」(大久保町大窪)では、特別養護老人ホームなどが入る建物の壁面に、10メートル四方のイルミネーションが飾られた。サンタクロースなどの楽しげな雰囲気が、利用者らの心を和ませている。今月25日まで、午後5~9時ごろ。(藤井伸哉、奥平裕佑)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ