Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

寒さしのぐ知恵「サル団子」 淡路島のニホンザル

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年01月27日

  • 体を寄せ合って寒さをしのぐサルたち=洲本市畑田組、淡路島モンキーセンター

 無類の団結力でサルたちが寒波をはね返した。兵庫県洲本市の淡路島モンキーセンターでは、ニホンザル数十匹が体を寄せ合って寒さをしのぐ「サル団子」をつくり、来園者を和ませている。
 同センター周辺の山には、餌付けされたサル約300匹が生息。サル団子は気温が低く、曇りの日などによく見られるという。
 餌の時間が近づいた夕刻、サルたちが集まりだし、見る見るうちに団子が完成。子どもをぎゅっと抱き寄せたり、あくびをしたりする姿が、訪れたカップルらを喜ばせた。
 木曜定休。同センターTEL0799・29・0112
(風斗雅博)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ