Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

回転木馬テーマ 西宮の画家が油絵展 尼崎

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年03月19日

  • 幻想的な油絵24点を展示する伊藤弘之さん=尼信会館

 兵庫県西宮市在住の画家伊藤弘之さん(80)が描いた油絵の作品展が、尼崎市東桜木町の尼信会館で開かれている。「回転木馬」や海外の街並みをモチーフにした作品24点が並ぶ。4月15日まで。
 伊藤さんは横浜市出身。1961年に京都市立美術大(現・京都市立芸術大)西洋画科を卒業後、イラスト制作の仕事を続けながら油絵の制作を手掛けてきた。大阪芸術大学などでも教壇に立ち、現在は西宮市内で油絵講座を開いている。
 伊藤さんが回転木馬やウマをテーマにするのは、「懐かしさや親しみがあり、ゆっくり絵と向き合えるはず」との思いから。海外へで見つけた珍しい2階建て回転木馬など、郷愁を感じさせる作品となっている。
 このほか会場には、ギリシャ・サントリーニ島や米国・グランドキャニオンの風景のほか、回転木馬から飛び出したウマが空を駆ける作品、砂丘に照る満月が幻想的な「風声砂音」など、心が落ち着く力作が並ぶ。伊藤さんは「『静』を意識した作品が多い。隅々まで眺めてもらいたい」と話していた。
 午前10時~午後4時。3月21日と月曜は休館。無料。尼信会館TEL06・6413・1121
(竜門和諒)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ