Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

親子で人形劇楽しんで 加東で2年に1度のまつり

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年03月19日

  • 「かとう人形劇まつり」を開く人形劇団「おやゆび姫」メンバー=加東市中央図書館

 兵庫県加東市を拠点に活動する人形劇団「おやゆび姫」が21日午後1時10分~3時半、社福祉センター(同市社)で「第3回かとう人形劇まつり」を開く。市内や姫路、加古川市などのグループが出演する。
 今年で結成27年目の同劇団は、12人のメンバーで年間20回ほどの公演活動を行っている。同まつりは2年に1回開催し、今回が3回目となっている。
 同劇団のほか、姫路市内で活動している人形劇グループ「ねこのしっぽ」が人形劇を披露。ほかに、加東市中央図書館を中心に活動する絵本サークル「ぐりとぐら」がパネルシアターを、「ふるさとみんわ会」が紙芝居で同市下久米地区に伝わる民話「ごんくろうはん」を上演する。
 また、兵庫大(加古川市)の学生グループ「ひよこ」が指人形作りや魚釣りゲームなどを楽しむワークショップも行う。
 同劇団代表の前田友子さん(60)=加東市北野=は「客席と舞台との一体感を体験してもらいたい。親子で足を運んでもらえれば」と呼び掛けている。
 参加無料。(藤田 彰)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ