Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

兵庫県政150年 博物館や美術館68施設無料に

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年07月04日

  • 兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県が誕生し150年に当たる7月12日に合わせ、県内全域の博物館と美術館など68施設が無料開放される。県は「兵庫の魅力をより深く知ってもらう機会にしてほしい」とPRしている。
 もともと無料の24施設のほか、公立・市立を含め有料の44施設も入館料や常設展などが無料となる。開放期間は多くが16日までの5日間だが、施設によっては1日限定の場所もある。県のホームページで施設の一覧を掲載している。
 各地域の主な施設と開放期間は以下の通り。
 【神戸】12~16日=人と防災未来センター、県立美術館、横尾忠則現代美術館▽12日のみ=香雪美術館、バンドー神戸青少年科学館、UCCコーヒー博物館
 【阪神】12~16日=人と自然の博物館▽12日のみ=堀江オルゴール博物館▽16日のみ=西宮市貝類館
 【播磨】12~16日=県立考古博物館、県立フラワーセンター、姫路市立美術館、姫路文学館、県立歴史博物館、うすくち龍野醤油資料館▽12日のみ=赤穂市立歴史博物館、宍粟市歴史資料館
 【但馬】12~16日=円山川公苑美術館▽12日のみ=豊岡市立美術館、日本・モンゴル民族博物館▽15~16日=あさご芸術の森美術館
 【丹波】▽12~16日=兵庫陶芸美術館▽12~13日=丹波竜化石工房「ちーたんの館」
 【淡路】12~16日=淡路ファームパークイングランドの丘

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ