Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

会えれば幸運、カメの駅長 香美・余部「空の駅」

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年08月11日

  • 愛らしい姿に人だかりが=香美町香住区余部

  • 「空の駅」駅長に就任したケヅメリクガメのそらちゃん=香美町香住区余部

 兵庫県香美町が誇る観光スポット、JR餘部駅(同町香住区余部)の展望施設「余部鉄橋『空の駅』」に、ケヅメリクガメの駅長が誕生した。全国各地で人気の猫駅長の向こうを張って、話題づくりに一役買う。そんな地元の期待を一身に受け、新たな人生ならぬ“亀生”を歩み始めた。(黒川裕生)
 昨年エレベーターができ、高齢者や車いすの利用者も増えている空の駅。そうした観光客を力強く励まそうと、昔から長寿の象徴として親しまれるカメを駅長に迎えたという。
 カメは、余部出身で神戸市在住の男性(77)が飼っていたペットで、地元の「あまるべ振興会」に寄贈された。甲羅の大きさは37センチで体重4・4キロ、4歳の雌。地元余部小学校の児童が「かめだそら」と命名し、愛称は「そらちゃん」に決まった。
 現在エレベーター脇の小屋で暮らしているが、“誘拐”防止のため普段は施錠されており、姿を見られるのはかなり貴重。9日午後の外出に偶然居合わせた観光客は、「かわいい」「ひふみん(将棋の加藤一二三・九段)みたい」と大喜びで写真を撮っていた。
 今後、散歩やえさの時間を決めて気軽に触れ合えるようにする予定で、同振興会副会長の坂田操さん(69)は「楽しく遊んでもらえれば」と話す。
 一方、近くにある道の駅「あまるべ」の馬場幸男駅長は「カメの動きが鈍い分は私がカバーして、一緒に余部を盛り上げていきたい」と、駅長同士のタッグに意欲を見せていた。

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ