Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

ランタン千個を夜空に放とう 三田で12月23日

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年11月17日

  • 三田青年会議所のメンバーが見学に行って撮影したスカイランタン=5月、滋賀県竜王町(同会議所提供)

  • 「三田に冬の風物詩を」と呼び掛ける三田青年会議所の(左から)株本真行さん、尾崎勝浩さん、山内直也さん=三田市駅前町

 三田青年会議所(兵庫県三田市)は12月23日、発光ダイオード(LED)で輝く紙風船「スカイランタン」を夜空に放つプロジェクトを三田市役所前の風の広場(三輪2)で開く。ヘリウムガスを入れたランタン千個を用意。一部はインターネットで資金を集めるクラウドファンディングで11月30日まで支援を募り、保育園や幼稚園にも配る予定だ。
 同会議所の尾崎勝浩さん(34)を中心に企画した。尾崎さんは創業108年の「おさきクリーニング」(川除)の専務。大学卒業後にスポーツ用品会社に就職し、全国を転々とした。冬の歳末大売り出し「三田誓文払い」が姿を消すなど、三田に戻るたび、まちが活気を失っているように感じたという。
 昨年、家業を継ぐため地元へ戻り、同会議所に入会。「ワクワクするような思い出を今の子どもたちに作ってあげたい」と、スカイランタンプロジェクトを始動させた。
 ランタンは無病息災などを祈願し、アジア各地域の行事で飛ばされている。「1年を元気で過ごせるように」と、三田の冬空にも浮かべ、まちを温かい雰囲気で包み込もうと考えた。
 クラウドファンディングではランタン400個分を賄う。1600円でランタン1個、3千円は2個、5600円で4個と引き換えるほか、市内の保育園や幼稚園に贈る3万円コースがある。目標金額は40万円で、支援の一部は北海道地震で被害のあった安平町に寄付する予定。インターネットサイトから「三田スカイランタン」で検索する。
 ほかに、事前のネット販売と当日分で計600個を用意する。当日は午後6時から。ランタンは全てひも付きで、ハンドベルなどの演奏に合わせ、20分ほど空に舞う。同会議所TEL079・562・2667
(山脇未菜美)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ