Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

播磨8市8町サイクリング地図 休憩、修理場所も

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2018年12月16日

  • 播磨8市8町を走る自転車コースを紹介する「はりまサイクリングマップ」=姫路市役所

 兵庫県播磨地域を走る自転車コースや休憩ポイントを紹介する「はりまサイクリングマップ」を姫路市が作った。A2判サイズの地図に海沿いや田園風景を行く8ルートを載せ、自転車工具があって修理できる場所や、駐輪場を備えた飲食店を網羅した。2万部を姫路駅前サイクルステーションなどに置いている。(伊藤大介)
 播磨圏域連携中枢都市圏を形成する8市8町全体で訪れる人を増やそうと、サイクリングブームに目を付けた。
 2017年からコースを作り始め、「銀の馬車道コース」はJR播但線・生野駅(朝来市)を下車し、ユズ畑や棚田、ヒノキ林を眺めながら姫路へ53キロを下る。「潮風香る絶景コース」はJR赤穂線・播州赤穂駅(赤穂市)から出発し、瀬戸内海に面した海岸線沿いを走り、59キロの道のりで斑鳩寺(太子町)を目指す。
 電車やバスで行き帰りしやすいよう、スタート、ゴール地点は公共交通機関の近くに設定した。播磨各地の自然や歴史を感じながら、食べたり、休憩したりしてもらおうと、地元食材を生かしたレストランや銭湯も紹介する。
 マップはサイクリストの声も取り入れて仕上げた。折り畳めば短冊形(縦21センチ、横10センチ)になり、自転車ジャージーの後ろポケットに入れられる。姫路市地方創生推進室は「耐水性のある紙を使っており、汗や雨でぬれても破れにくい」と胸を張る。
 各市町の庁舎のほか、神姫バス山崎待合案内所や書写山ロープウェイ山麓駅、相生ステーションホテルアネックスなどで手に入る。姫路市地方創生推進室TEL079・221・2203

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ