Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

かまくら風テントで雪見酒を 神河のホテルに登場

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年01月22日

  • 日本酒やワインで乾杯するスキー客=神河町上小田

  • ホテルの中庭にたたずむかまくら風テントの「スノーバー」=神河町上小田

 スキー客たちに雪見酒を楽しんでもらおうと、兵庫県神河町上小田の「峰山高原ホテルリラクシア」の中庭で、かまくら風テントの小さな「スノーバー」が営業している。ふかふかの雪を踏みしめながらぼんやりと漏れる明かりに吸い込まれ、熱かんを1杯-。雪国に来たような非日常感を求める人たちで連日にぎわう。
 併設のスキー場「峰山高原リゾートホワイトピーク」の営業初年度だった昨季も開いたが、駐車場そばのテントサイトにあり、夜間営業では目立たない立地だった。今季はガラス張りのロビーから目に付き、気軽に立ち寄れる位置に設営して案内板も強調。宿泊客が利用しやすいようにした。
 3メートルほどの天井に2卓8席だけのコンパクトな空間で、中央に暖房器具があり、希望者にはホテルのダウンコートを貸し出す。播磨地域の地酒が並ぶほか、ビール▽焼酎▽梅酒▽ワイン▽カクテル-などとメニューが充実。神河町産のゆずジュースをはじめとしたソフトドリンクもそろい、家族連れで利用できる。
 1月中旬、雪がちらつく夜に親子3人で訪れ、ホットワインを味わった会社員男性(53)=大阪府門真市=は「特別感があっていい。朝から滑って疲れた体を癒やせそう」と、満足そうだった。
 午後5時半~午後8時。1杯500円前後。同ホテルTEL0790・34・1516
(井上太郎)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ