Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

三田の情報マップ最新版完成 費用は全て広告料

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年01月23日

  • 初めて広告が入った「わがまちさんだ」の最新版=市役所

 兵庫県三田市が転入者や観光客向けに配る情報地図「わがまちさんだ」の最新版が、このほど完成した。今回初めて、発行費用の全額を広告収入で賄った。現行版の在庫がなくなり次第、3月下旬ごろから市内の公共施設や観光案内所で配布する。
 わがまちさんだは縦約60センチ、横約80センチで、三田市の地図を掲載。裏面には観光地の写真や市の概要をまとめている。少なくとも30年前から市が発行しており、2~3年ごとに最新版に作り替えている。
 市が一般向けに発行する唯一の地図で、小さく折り畳める。長く使う世帯も多く、市は広告媒体としての価値があるとみて、初めて広告を募集した。
 昨年6月から10月にかけて、市内の約30社に声を掛け、商業施設や飲食店など11社から集めた広告料は108万円。一方、2万部の印刷にかかった費用は約95万円だった。
 市秘書広報課は「市民や事業者の間でわがまちさんだの認知度が高く、うまく広告が集まった」とする。
 市はこれ以外にも、市民課窓口用の封筒や市営駐車場の看板などへの広告掲載で、本年度に約800万円の収入を見込んでいる。(高見雄樹)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ