Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

珍しいシロバナウンゼンツツジ 川西で一般公開 22日まで

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年04月20日

  • 白い花を咲かせたシロバナウンゼンツツジ=川西市清和台東3

 兵庫県川西市中部の市指定天然記念物「清和台東3丁目コナラ群落」で、シロバナウンゼンツツジが一般公開されている。六甲山などに咲く品種で、住宅地の近くに自生しているのは珍しいといい、森の中の遊歩道沿いで白くかわいらしい花を咲かせている。公開は22日まで。
 同群落は、ニュータウン内の森に残された約3万平方メートルで、兵庫県版レッドデータブックのBランクに記載。キンランなどCランクの植物も分布する。シロバナウンゼンツツジは約2400株が自生している。
 貴重な環境を守ろうと、2011年に住民らが「虫生川周辺の自然を守る会」を設立。日差しを遮る常緑樹の伐採や約1キロに及ぶ遊歩道の整備など保全活動に取り組む。危険防止で群落への入場は制限しているが、16年から同ツツジの開花に合わせて公開している。
 同会の菅原八重子会長(67)は「身近にある貴重な自然を知ってもらい、守っていこうとの思いが広がれば」と話している。入場無料。遊歩道入り口で同会の受付が必要。(伊丹昭史)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ