Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

「タイタニック」国内ラスト上映 神戸で29、30日

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年06月11日

  • 「ぜひスクリーンで見て」と呼び掛ける小山岳志さん=神戸市兵庫区新開地1

 1997年に公開され、全世界で大ヒットした映画「タイタニック」が、国内では6月いっぱいでスクリーンで見られなくなる。この名作との「別れ」を惜しむべく、神戸市兵庫区の名画座「パルシネマしんこうえん」では、29、30の両日、特別上映を行う。同館は「スクリーンでこそ船の巨大さが伝わり、映画に入っていける。最後のチャンスを逃さないで」と話す。(山崎 竜)
 同作は世界歴代3位の興行収入を上げ、アカデミー賞でも11部門を受賞したが、上映時間は3時間15分と長尺。通常なら2本の映画を上映できるほどの長さとあって、映画館からも敬遠されがちな不遇の作品でもあったという。海外の映画は国内の配給会社が製作会社から権利を買い取って上映するが、今回は更新が見送られ、国内上映権が切れることになった。
 同館は昨年の大みそかにも一日限りの特別上映を行った。特に集客に期待はしていなかったというが、ふたを開けてみれば3回の上映のうち、午前と午後は定員135人が満員。夕方は50人と減ったが、予想をはるかに上回る数の客が入り、終映後のロビーは感想を語り合う熱気に包まれた。
 当日来館できなかった人たちからも「大みそかじゃなかったら行けたのに」という恨み節も数多く寄せられ、今回の「ラスト上映」につながった。少なくとも関西では、他に上映予定の映画館はないという。
 支配人の小山岳志さん(35)は「こんなに良かったっけ、と思ってもらえるはず。大みそか同様、音量もいつもより大きくして臨場感をさらに上げますよ」と自ら待ち遠しそうな様子だった。
 上映開始は午前10時30分、午後2時30分、同6時10分。入れ替え制で料金は800円、学生500円。同館TEL078・575・7879

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ