Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

ゲレンデを自転車で疾走しよう 豊岡のスキー場で催し

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年06月19日

  • コースを試走する阿藤寛さん=「アップかんなべ」

  • 自転車は専用のリフトに載せて頂上まで運べる=「アップかんなべ」

 兵庫県豊岡市日高町栗栖野のスキー場「アップかんなべ」で22日、ゲレンデをマウンテンバイク(MTB)で疾走する施設「アップMTBパーク・イン神鍋」がオープンする。18日には関係者向け内覧会が開かれ、関西唯一のMTB専用リフトや地面を掘り込んだコースなどを紹介した。(末吉佳希)
 夏場にも観光客を呼び込もうと、同スキー場の運営会社アドバンスがプロMTBライダー阿藤寛さん(34)と共同で企画。阿藤さんが国内外のMTBレースに出場した経験を生かしつつ「初心者でも楽しめるように」とコース設計を手掛けた。標高約469メートルの神鍋山頂付近まで続くリフトには自転車専用の運搬機を設置。同社は「スキー場の強み」と胸を張る。
 全5種類のコース紹介では、阿藤さんが衝撃緩衝機能などを備えたMTBにまたがり、芝生で幅約4メートルの初級者向けや、段差やカーブが続く急勾配を下る上級者向けなどを滑走。麓にはMTBの操作に慣れるためのスキルアップエリア(約3・6アール)も設置する。
 阿藤さんは「神鍋の心地よい風を感じてもらえれば」と呼び掛けている。
 営業は6月22日~11月4日の土日曜と祝日(7月20日~9月1日は平日も)。利用料3500円(中学以下3千円)。自転車はレンタルも用意。アドバンスTEL0796・45・1545

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ