Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

タイの文化に親しもう 明石公園でフェア 17、18日【夏休み2019】

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2019年08月05日

  • 三輪タクシー「トゥクトゥク」で記念撮影する家族連れ=明石市明石公園

  • 昨年の「タイフェア」でボクシングのリングに立った戎岡淳一さん(左)=明石市明石公園

 東南アジア・タイの文化に親しむ催し「タイフェア明石2019」(神戸新聞社など後援)が17、18日、兵庫県明石市の明石公園で開かれる。会場にはタイ料理や雑貨の出店が並ぶほか、特設リングを設置し、タイで人気の格闘技イベントを催す。
 「鯛」が名物の明石と、ほほえみの国と呼ばれるタイの親善を深めようと、ボクシング元世界ランカーの戎岡淳一さん(38)=明石市出身=らが実行委員会を立ち上げ、昨年初めて開催した。
 特設リングでは17日午後6時から、戎岡さんとボクシングで対戦するエキシビションマッチを開催。元世界ランカーの中島健さんら20~40代の4人と、それぞれ2分3ラウンドで戦う。戎岡さんが全員に勝てば、18日午後6時からのじゃんけん大会の賞品にタイへの往復航空券が加わる。リングでは、キックボクシングの試合や、タイ舞踊、ダンスのステージもある。
 出店は、米麺で作る焼きそば「パッタイ」や現地産のビールなどが味わえる。三輪タクシー「トゥクトゥク」も展示され、今も日本の公道を走る車体の座席で記念撮影ができる。
 午前10時~午後8時(18日は午後7時)。入場無料。実行委TEL078・362・6511
(藤井伸哉)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ