Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

神戸の地下街で半世紀 ナガサワ文具センターさんちか店が閉店へ

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年01月29日

  • ナガサワ文具センターさんちか店

  • ナガサワ文具さんちか店の閉店を知らせるポスター(ナガサワ文具センター提供)

  • 動画「santica店 長年のご愛顧ありがとうございました」のワンシーン

  • 動画「santica店 長年のご愛顧ありがとうございました」のワンシーン

 神戸の文具専門店ナガサワ文具センターのさんちか店が閉店することがわかりました。神戸の地下街「さんちか」が開業した1965年10月と同時にオープンした同店は3月27日、54年の歴史に幕を閉じます。本店(三宮センター街ジュンク堂書店三宮店3階)や神戸煉瓦倉庫店(神戸ハーバーランド)、プレンティ店(西神中央)など他の店舗は引き続き営業します。
 同社は、公式ホームページ内でさんちか店閉店のメッセージ動画を公開。動画のタイトルは「santica店 長年のご愛顧ありがとうございました」。インスタグラムで人気のレタリング作家bechori(ベチョリ)さんが、同社オリジナルインク「Kobe INK物語」(2019年9月現在74色)の中から「さんちかポートブルー」と「王子チェリー」の2色を使用し、メッセージを書き上げます。動画は大写しにされたペン先だけを追ったもの。最後のシーンでメッセージの全容がわかる演出となっています。同社ホームページ(https://kobe-nagasawa.co.jp/)から閲覧できます。
 さんちか店店長の長井梓(あづさ)さんは、「54年という長さに歴史を感じています。私自身が生まれる前から存在していた店舗。家族3世代で来店されるお客様もおられます。本当に感謝しかありません。さんちか店は閉店しますが、センター街にある本店など引き続きご愛顧いただければ幸いです」と話します。
【ナガサワ文具センター】1882(明治15)年5月、日用雑貨商「長澤紙店」として創業。1947(昭和22)年、株式会社長澤堅次商店として法人設立。60(昭和35)年、株式会社ナガサワ文具センターに社名変更。65(昭和40)年オープンのさんちか店は、2006(平成18)年に、n→(エンヌ)さんちか店としてリニューアルし、その後NAGASAWAさんちか店と店名を変えた。(ネクスト編集部 金井かおる)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ