Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

西洋の館と東洋の明かりが競演 神戸・風見鶏の館

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年02月15日

  • 異人館と中国ランタンが競演しエキゾチックな雰囲気を醸し出す=神戸市中央区北野町3

  • 風見鶏の館の食堂。アールヌーボーの照明が優しく室内を照らす=神戸市中央区北野町3

 神戸市中央区北野町3の異人館「風見鶏の館」前にある北野町広場に中国ランタンが飾られている。夜になるとライトアップされたレンガ装飾の洋館と東洋の明かりの競演が楽しめ、観光客らの撮影スポットとして人気を集めている。
 ランタンは神戸・南京町の春節祭に合わせて1月22日に設置された。円形の広場を66個の赤いちょうちんが囲み異国情緒を演出。3月1日まで彩りを添える。
 ランタンと同館のライトアップはいずれも午後5時から同9時まで。同館は夜の雰囲気を満喫してもらおうと今月15、22、23日に午後8時まで開館を延長する。広報の伊藤裕子さんは「ドイツの城をイメージした食堂や、窓から見える神戸の夜景がロマンチックです」と話している。
 風見鶏の館の入館料は一般500円、高校生以下は無料。TEL078・242・3223
(斎藤雅志)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ