Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

多世代が楽しめる健康増進施設へ 20日開業の「寿ノ湯」

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年02月19日

  • 桜の木を模した照明の周りに約1万冊を並べたライブラリー=三田市富士が丘5

  • 2階には多くの小部屋を用意。自分だけの時間を楽しめる=三田市富士が丘5

  • 岩盤浴には岩塩を使ったコーナーもある=三田市富士が丘5

  • 大浴場の露天風呂=三田市富士が丘5

 兵庫県三田市富士が丘5の温浴施設「三田天然温泉・寿ノ湯」で18日、20日のオープンを前にした内覧会が開かれた。取引先や地元の自治会関係者ら約240人が訪れ、1万冊の本を置くライブラリーやフィットネスジムなどを見学した。幅広い世代が楽しめる健康増進施設を目指す。
 結婚式場などを運営するレック(神戸市中央区)が、閉鎖していた「三田温泉 熊野の郷」の施設を買い取ってリニューアルした。同社が温浴施設を手掛けるのは初めてだが、式場で用いる照明器具や装飾品などを配して華やかな内装に仕上げた。
 2階のライブラリーにある約1万冊の本は、大手書籍卸がテーマに沿って選んだ。普段は手に取らないような本との出会いが楽しめる。個室スペースも多く設け、思い思いの時間を過ごすことができる。岩盤浴コーナーと合わせ、追加料金を支払うと利用できる。
 1回500円で利用できる併設のジムもある。中高年向けに体のストレッチに使える機器をそろえた。91席のレストランも設け、施設の延べ床面積は2640平方メートル。140台収容の駐車場がある。
 「寿ノ湯」は高橋泉社長(59)の祖母が戦後、三田駅前で経営していた銭湯の名にちなむ。幼少期に番台にも立ったという高橋さんは「温泉という日本の文化の海外展開も視野に入れたい。地域の方には気軽にジムを利用してもらい、市民の健康増進につながれば」と話した。
 5月19日までの料金(税込み)は温泉と2階がそれぞれ中学生以上750円、土日祝日は100円増し。子どもはいずれも400円。午前10時~午後11時。水曜定休。同施設TEL079・564・4126
(高見雄樹)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ