Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

兵庫県立美術館や陶芸美術館など臨時休館に 4~15日

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年03月03日

  • 15日まで臨時休館となる兵庫県立美術館=神戸市中央区脇浜海岸通1

  • 神戸新聞NEXT

 神戸市で兵庫県内2、3例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、兵庫県は3日、県立美術館(神戸市中央区)など県立の文化施設を4~15日に臨時休館することを決めた。感染経路が特定されていない患者がいるため、不特定多数が来場する施設での感染拡大を封じる狙い。16日以降は今後の推移を見極めて判断する。
 すでに県内の主要な文化、社会教育施設は、西宮市で県内1人目の感染者確認を受け、学芸員によるギャラリートークなどを取りやめていた。ただ、「ライブハウスほどの密集度ではない」などとして、展覧会の中止や休館にまでは踏み込んでいなかった。
 今回臨時休館とするのは、「ゴッホ展」を開催中の県立美術館や兵庫陶芸美術館(丹波篠山市)、コウノトリの郷公園(豊岡市)など規模の大きな施設。芸術文化センター(西宮市)やピッコロシアター(尼崎市)での自主事業や公演も中止する。ただ、民間事業者へホールやギャラリーなどを貸与する貸し館事業は、主催者の自主判断に任せるとした。
 また、いなみ野学園(加古川市)などの高齢者大学7校は、卒業式や講座を延期する。
 井戸敏三知事はこの日の定例会見で「貸し館は主催者判断を尊重するが、延期や中止の方向で相談したい」と話した。(藤井伸哉)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ