Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

梅雨の晴れ間、青空を彩る七色の傘 淡路の公園 

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年07月27日

  • 青空に映える色とりどりの傘=淡路市夢舞台(撮影・吉田敦史)

  • 地面にも色とりどりの影を映す傘=淡路市夢舞台(撮影・吉田敦史)

 夏の青空を七色の傘で彩る展示「れいんぼーあんぶれら」が、兵庫県淡路市の国営明石海峡公園にお目見えした。梅雨の晴れ間に日差しが降り注ぐと、頭上に色鮮やかな光景が広がる。
 同公園では例年、夏休みに世界のカブトムシやクワガタムシを展示していたが、飼育場所が密閉空間になるため、今年は新型コロナウイルス感染を防ぐため開催を断念。代わりに淡路の空を楽しんでもらおうと、ポルトガルの夏の名物にならって傘の飾り付けを企画した。
 ビジター棟の白い壁に囲まれた空間にロープを張り、73本のビニール傘をつり下げた。傘を透けた光が、地面や壁に映す色とりどりの影も面白い。
 展示は8月末まで。期間中は無休で、午前9時半~午後6時。15歳以上は入園料450円。国営明石海峡公園TEL0799・72・2000
(吉田敦史)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ