Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

もみじまつり、今年は1カ月 期間延長で「密」回避 書写山円教寺

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2020年10月01日

  • 書写山円教寺の紅葉。今年はまつりの会期が大幅に拡大される=2017年11月、姫路市書写

 毎年11月中旬の3日間、書写山円教寺(兵庫県姫路市書写)で開かれていたもみじまつりが、今年は会期を変更し、「書写山秋の探訪」として10月末から1カ月間にわたって催される。新型コロナウイルスの感染対策で、入場者の集中を避けるためという。
 円教寺の特別公開に合わせて紅葉を楽しんでもらおうと市が主催。例年、3日間で計1万人を超える人出でにぎわうが、新型コロナの感染リスクを踏まえ、10月31日~11月29日と大幅に拡大することにした。
 会期中は、国の重要文化財に指定されている本堂の「大講堂」や「常行(じょうぎょう)堂」など、普段は入れない場所を見学できる。「金剛堂」とその内部の天井絵も、土日祝日に限り公開される。
 一方、恒例だった夜間のライトアップは、経費面などから中止する。ジャズライブも、聴衆が密な状態になる恐れがあるとして取りやめる。
 午前10時~午後4時。入山料500円(高校生以下無料)。円教寺TEL079・266・3327
(小川 晶)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ