Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

「黄金色の大イチョウ」そびえる多宝塔と高さ競う 丹波篠山の古刹・弘誓寺

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2021年11月21日

  • 多宝塔と高さを競う大イチョウ。弘誓寺は飛鳥時代に開かれたとされる古刹だ=丹波篠山市宇土

  • 多宝塔と高さを競う大イチョウ。弘誓寺は飛鳥時代に開かれたとされる古刹だ=丹波篠山市宇土

  • 色づいた宇土観音の大イチョウ=丹波篠山市宇土

 塔より高く大イチョウ-。境内にそびえる多宝塔と競うように、天へと伸びたイチョウが色づき、“黄金色の季節”を迎えた。古くから「宇土の観音さん」と親しまれてきた兵庫県丹波篠山市宇土の古刹(こさつ)・弘誓寺(ぐせいじ)の巨樹である。
 高さ約20メートル。幹回りが5メートルほどあり、樹齢数百年と伝わる。これからが見頃とみられる。境内の中心で光を浴びて輝く姿は存在感たっぷりだ。
 深まる秋。やがて大イチョウを中心に、辺りの地面は、舞い落ちた葉で黄一色に染まる。(堀井正純)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ