Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

二人の愛、笑って成就を 恋愛、夫婦ネタ連日披露 2月、神戸・喜楽館でバレンタイン寄席

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2022年01月19日

  • バレンタイン寄席をPRする(左から)上沼恵美子をまねる露の陽照、桂三風、メーテルを装う旭堂南鈴=神戸市兵庫区、神戸新開地・喜楽館

 バレンタインデーにちなみ、恋愛のパワースポットとして知られる氷室神社(神戸市兵庫区)の協力を得た寄席が2月7~13日、神戸新開地・喜楽館(同区)である。恋愛や夫婦に関する落語や物まねを毎日1席以上披露するほか、愛の手紙を投函(とうかん)できる同神社の「愛のポスト」を設置。恋愛成就や夫婦円満を願う。(金井恒幸)

 同神社は「恋愛弁天」の愛称がある市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)を祭り、愛の手紙(1通200円)を募るポストで人気がある。
 寄席「バレンタインウイーク」は各日6席の落語に加え、落語家・露の陽照(あきら)と講談師・旭堂南鈴(なんれい)による女性物まねお笑いコンビ「ミスマッチ」が場を盛り上げる。
 6日間出演する桂三風は落語と恋愛について「『幾代餅』など遊郭が舞台の噺(はなし)が目立つ」とし、自身も芸者と若旦那の悲恋物「たちぎれ線香」のほか、夫婦愛が題材の新作「ハンカチ」などを予定する。
 このうち「ハンカチ」は、妻への愛を語るコンテストに夫が出場するという筋で、「時間を経ても互いを思い合う夫婦愛を伝えたい。『客席参加型落語』として、お客さんにもコンテストの場面で拍手をしてもらうなど、落語に参加して一緒に楽しんでほしい」と呼び掛ける。
 陽照は上沼恵美子や天童よしみらの物まねを用意し、「天童さんの曲『あんたの花道』で夫婦の人生を表現したい」。漫画「銀河鉄道999(スリーナイン)」のヒロイン・メーテルや山本リンダなどになりきる南鈴は「メーテルでは主人公の星野鉄郎とのやりとり、リンダさんでは熱愛の曲『狙いうち』を披露したい」と語る。
 また2人とも「出演しながら愛の手紙も書き、私たち自身が恋愛成就したい」と笑う。
 同館では恋愛弁天ののぼりなどを会場に設置。「デートに後日使ってほしい」と格安になるペア昼席入場券や、落語を基に恋愛運を占うおみくじを配る。
 午後2時開演。一般前売り2300円(当日2800円)ほか。喜楽館TEL078・335・7088

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ