Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

色鮮やか1億輪 ピンクの濃淡、斜面彩る シバザクラ見頃に 三田

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2022年04月22日

  • 開花が進み、色味が鮮やかになったシバザクラのじゅうたん=三田市永沢寺(ドローンで撮影)

  • ピンク色のじゅうたんのように広がるシバザクラ=三田市永沢寺(撮影・吉田敦史)

  • 7~8分咲きとなり、鮮やかな色合いがまぶしいシバザクラのじゅうたん=三田市永沢寺(撮影・中西幸大)

 兵庫県三田市永沢寺の観光花園「花のじゅうたん」のシバザクラが見頃を迎えた。濃淡のピンクや白の花が咲く約6千平方メートルの園内は、上空から見ると色鮮やかな迷路のよう。5月上旬の大型連休の時期までは楽しめそうだという。
 1984年に、山裾の水田だった場所に開園。ピンクが濃い「アトロプルプレア」、淡い「紅笠乙女」、白い「モンブラン」など約60品種1億輪が園内を彩り、起伏に富んだ地形も来場者の目を楽しませる。今年の花期は例年より数日早く、咲き始めが今月10日ごろ。月末には満開を見込んでいる。
 「今年も咲きぶりは良好で色も鮮やか」と園の関口広司代表(74)。午前8時~午後5時(土日祝日は午後6時まで)。中学生以上600円、小学生300円。未就学児は無料。同園TEL079・566・0446
(中西幸大、吉田敦史)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ