Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

花絵で街彩るインフィオラータ、神戸で3年ぶり開幕 ウクライナの平和祈るデザインも

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2022年04月23日

  • チューリップの花びらなどで彩った絵がそろったインフィオラータこうべ=23日午後、神戸市中央区元町通1、元町穴門商店街(撮影・坂井萌香)

 神戸の街をチューリップの花絵が彩る「インフィオラータこうべ」が23日、神戸・元町の元町穴門商店街で開幕した。新型コロナウイルス禍で中止が続いていたため、3年ぶりの開催。5月1日までの土日祝日に市内3カ所で順次行われる。
 インフィオラータは「花を敷き詰める」を意味するイタリア語。阪神・淡路大震災で傷ついた街を明るくしようと1997年に始まり、今年で24回目になる。
 同商店街では24日まで、路上に縦1・5メートル、横6メートルの花絵を4枚展示。ロシアの軍事侵攻が続く中、ウクライナの国旗にちなんだ黄色をベースに、平和の象徴のハトが羽ばたくデザインもある。7色のチューリップ計1万7千本分の花びらを使い、ジャズやパンダなど神戸の文化、名所を表現した図柄もそろう。
 29、30日は北神戸田園スポーツ公園(神戸市北区)、29日から5月1日は北野坂(同市中央区)でそれぞれ別の花絵が飾られる。(井上太郎)

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ