Loading...

TOP > おでかけトピック > トピック情報
EVENT

陰陽師・道満と晴明は「地域の宝」 佐用・江川地区の町おこしに寄与

ツイート facebook シェア Google Plus

更新日:2022年05月19日

  • 蘆屋道満塚がある乙大木谷集落。美しい景観は農林水産省の「日本の棚田百選」にも選ばれた=佐用町大木谷

  • 蘆屋道満(右)と安倍晴明(c)ドウノヨシノブ

  • 古民家ダイニング「道満」を切り盛りする片岡清次さん、和美さん夫妻=佐用町才金

  • 8時間ほどかけて仕込むカレー=佐用町才金

  • 蘆屋道満らにちなんだ革小物を手にする梶生美幸さん=佐用町大垣内

 希代の陰陽師(おんみょうじ)・蘆屋道満(あしやどうまん)とライバル安倍晴明の塚がある兵庫県佐用町江川(えかわ)地区。二つの塚を守ってきた集落の住民らが「陰陽師の里」を掲げて地域おこしに力を入れており、町内にも動きが広がっている。道満が登場するゲーム人気を追い風に「聖地巡礼」として訪れる人もじわりと増えているという。道満や晴明が「見えない力」で後押ししてる!?(段 貴則)

 晴明と道満はともに平安時代の陰陽師。晴明ら朝廷に仕える陰陽師は、星を観察して吉凶を占い、暦づくりに携わった。一方、道満のように市井の陰陽師は、庶民の病気を治す呪術的行為などを手掛けたという。
 説話などでは、道満が藤原道長に呪いをかけているのを晴明が見破り、道満は佐用に流されたとされる。
 「道満と晴明の塚がそろうのは佐用ならでは」。江川地域づくり協議会が約10年前から「陰陽師の里」として地域おこしを始めた。
 二つの塚の前で2011年に陰陽師のコスプレイベントを開催。翌年から「陰陽師の里江川七夕行列」も始めた。県内外からの参加者が陰陽師や巫女(みこ)の装束姿で、願い事を記した七夕飾りを手に持ち、晴明塚から道満塚までを歩く。道満塚で護摩木をたき、手を合わせる恒例行事として旧暦の七夕(8月)に開いてきた。
 また同年には、インターネットで動画も公開。道満と晴明の最終決戦が行われたという地元の言い伝えを芝居と語りで紹介した。「どろソース」で知られるオリバーソース(神戸市中央区)の創業家が「道満さん」という縁で、道満雅彦社長の長男龍彦さんが友情出演。道満役として晴明との呪術合戦を熱演した。
 同地区は現在、画家・造形作家のドウノヨシノブさん(たつの市)が描いた道満と晴明のイラスト看板が設置され、水を張り始めた棚田の景色とともに観光客を出迎える。
 両者の塚がある住所地はいずれも同町大木谷だが、集落名は晴明塚が甲大木谷、道満塚が乙大木谷という。同協議会の久保正彦さん(64)は「晴明、道満は甲乙付けがたい存在」と指摘。「朝廷と民間とで立場が違っただけで、2人が力を合わせたら、大きなことを成し遂げたはず。地元の宝として発信したい」と話す。
     ◇
■“聖地巡礼”のゲームファンも来店 佐用・才金の古民家ダイニング「道満」
 蘆屋道満塚から車で7分ほどの場所に、古民家ダイニング「道満」(佐用町才金)がある。
 築170年の民家を改装し、2013年6月に開店。農業や田舎暮らしを求めて兵庫県芦屋市から移住した片岡清次さん(82)、和美さん(61)夫妻が営む。清次さんは「佐用に来るまで、蘆屋道満の塚があることを知らなかった。『芦屋』から導かれたようで、縁を感じて店名にした」と笑う。
 看板メニューは、和美さん特製のカレーセット(千円)。国産牛や地元の野菜に、フルーツをたっぷり使って、じっくり煮込む。
 最近は、カレー目当ての客だけでなく、道満のキャラクターが登場する人気のスマートフォン用ゲーム「Fate/Grand Order(フェイト グランドオーダー)」のファンの姿も増えてきた。清次さんは「首都圏や福岡など遠方からのお客さんもいる。来年は開店10周年。地域を盛り上げられるよう、企画を考えたい」と話す。
 営業は金、土、日曜日の午前11時~午後3時。道満TEL0790・87・0839
     ◇
■キーホルダーや携帯ストラップ… 陰陽師イメージし革小物 佐用・大垣内のレザー工房
 佐用町大垣内にレザー工房「K.mikou」(ケイ・ミコウ)を構える梶生(かじゅう)美幸さん(62)は2021年秋、蘆屋道満や安倍晴明にちなんだ革小物を商品化した。
 革小物には、陰陽師をイメージさせるマークをあしらう。晴明を祭る神社の社紋「五芒星(ごぼうせい)」は星形で、別名「セーマン」の由来は、晴明とされる。一方、縦線4本、横線5本を井桁に組んだマーク「ドーマン」は、道満の名をもとにした呼称とも伝わる。晴明は白、道満は黒を基調にした装束を革で作って袖部分にそれぞれのマークをデザインし、キーホルダーや携帯電話のストラップに仕上げた。
 梶生さんは「佐用の特色を生かした商品として広がれば」と話している。
 キーホルダー・ストラップ2500円に加え、シカの角が入ったお守り袋(千円)などもある。同工房TEL0790・87・0512

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ