Loading...

TOP > スポットを探す > スポット情報
SPOT

砥峰高原

ツイート facebook シェア Google Plus

神河町

  • 夕暮れ時、西日を浴びて白銀に染まる

  • 数々の映画やドラマのロケ地として使われている

  • 視界いっぱいにススキが広がる

 西日本有数のススキの自生地で、作家村上春樹さん原作の映画「ノルウェイの森」やNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」のロケ地としても知られる砥峰(とのみね)高原。標高約900メートルにあり、ススキが約90ヘクタールに群生する。

 高原は季節ごとに異なる顔を見せ、観光客や写真愛好家を楽しませている。

 春は恒例の山焼き。ススキをのみ込みながら火線が延び、大地を焼いていく様子は圧巻。毎年数千人が、息を飲んで炎のショーを楽しむ。地元住民によると、ススキの育成を促すために必要な作業という。

 秋はススキの群生が見頃を迎える。涼しさを増した秋風に揺られ、一面が銀色に染まる。11月中旬まで楽しめる。

INFORMATION

スポット名
砥峰高原
所在地
砥峰高原
住所神河町川上
アクセス
播但連絡道路神崎南ランプから車で約40分
料金
無料。9月下旬~11月上旬のピーク時は、駐車料金1回500円がかかる
電話番号
神河町観光協会0790・34・1001
URL
https://www.kamikawa-navi.jp/

地図を見る

 春は山焼き、夏は緑、秋は銀色のススキ、冬は雪景色と年間を通して楽しめる。散策するもよし、写真撮影に没頭するもよし。近くの「とのみね自然交流館」では映画の撮影風景などの写真が見学できる。(三宅晃貴)

更新日:2020/10/11

イベントの開催情報や、スポットの詳細情報は変更になる場合があります。事前にご確認のうえ、おでかけください

こちらで開催されています
THIS SPOT'S EVENT

明日どこ行く?

SEARCH
話題のキーワード
ページトップへ