おでかけ

  • 印刷
動画一覧へ
コバルトブルーに生まれ変わった鉄人28号のモニュメントを確認する関係者ら=神戸市長田区若松町6
拡大
コバルトブルーに生まれ変わった鉄人28号のモニュメントを確認する関係者ら=神戸市長田区若松町6
塗り直し前のブルーグレーのモニュメント(2016年9月撮影)
拡大
塗り直し前のブルーグレーのモニュメント(2016年9月撮影)

 神戸市長田区の若松公園にある鉄人28号のモニュメントが、より原作に近いコバルトブルーに塗り替えられ、管理するNPO法人「KOBE鉄人PROJECT」の役員らが1日、出来栄えを確認した。役員から「より強くなった感じがする」などの声が上がった。6日午前11時からお披露目イベントがある。

 モニュメントは原寸大で、約15メートルの鋼鉄製。同市出身の漫画家横山光輝さんにちなみ、阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして2009年に完成した。以前はブルーグレー調だったが、両足部分などの傷みが目立ち、先月17日から塗り替え作業が行われていた。

 同法人の役員らが足場に上り、お色直しが済んだ巨体を点検。新長田1番街商店街振興組合の木村繁一理事長(59)は、「以前より色合いがはっきりして迫力が増した」と話した。(井上 駿)

おでかけの最新
もっと見る

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ