おでかけ

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 38種約3千本の木々の紅葉が観賞できる「森林もみじ散策」が30日まで、神戸市北区の神戸市立森林植物園で開かれる。5日からはライトアップも始まり、光と自然の競演を楽しむことができる。

 日本だけでなく北米、アジアなどの樹木が12月初めごろにかけて順次見頃を迎える。園内の長谷池では周囲のハナノキが落葉し、紅白の葉がじゅうたんのように湖面を彩る。ライトアップが始まると、黄色く色づいたメタセコイア並木などが光に浮かび上がり、幻想的なムードが漂う。

 期間中の午前10時~午後3時、各所に設置されたクイズに答える「世界の森のもみじめぐりクイズ」がある。土日・祝日は午前10時半、午後1時半から、「もみじ散策会」が開かれる。スタッフによる案内を受けながら約1時間、園内を歩く。週末を中心にジャズライブや琴の演奏会、自然観察講座や早朝探鳥会など、多彩なイベントも予定されている。

 午前9時~午後5時(ライトアップ期間は午後6時半)。期間中無休。高校生以上300円、小・中学生150円。神戸電鉄北鈴蘭台駅から無料送迎バスあり。TEL078・591・0253

(太中麻美)

おでかけの最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ